【全文】LM側、カン・ダニエルの専属契約効力停止仮処分申請に反論「義務履行…法的対応へ」


<拡大写真>

韓国・LMエンターテインメント(以下、LM)側がアイドルグループ「Wanna One」出身のカン・ダニエル(22)が提起した専属契約効力停止仮処分申請に対する公式立場を発表した。LMは26日午前、代理法務法人ジピョンのキム・ムンヒ弁護士を通して、公式報道資料を提示した。

 これを前にカン・ダニエルの法律代理人を務める法務法人ユルチョンは去る21日、「LMがカン・ダニエルの事前の同意なく専属契約上の各種権利を第3者に有償譲渡する共同事業契約を締結し、これは専属契約を正面から違反するもの」として、ソウル中央地方裁判所に専属契約効力停止仮処分申請をおこなった。

以下はLM法務法人ジピョンの公式立場全文。

1.こんにちは。歌手カン・ダニエルの所属事務所・株式会社LMを代理する法務法人(有限)ジピョンのキム・ムンヒ弁護士です。
カン・ダニエルがLMを相手に申請した専属契約効力停止仮処分の件について、以下のようなLMの公式立場をお伝えします。

2.カン・ダニエルとLM間の専属契約は公正取引委員会で提供する標準専属契約書をそのまま使用した正常な契約であり、LMは契約金支給などの義務を履行しました。それでもカン・ダニエル側は専属契約期間が開始する前にソル某氏を代理人とした通知書を通じて漠然と契約が不合理だとし、いかなる具体的な要求もなく契約変更を要求しました。続けて、仲裁者を自任したウォン某会長と4回の交渉ミーティングまでおこないましたが、結局、さまざまな弁護士を通じて“契約金を受けることができなかった”などの虚偽事実を盛り込んだ解約通知を送られてきました。

また、カン・ダニエル側がこのたび仮処分を提起し、LMが無断で第3者に権利を譲渡したと主張していますが、該当契約はカン・ダニエルの芸能活動を最高の環境で支援するためにこれまで所属していた株式会社MMOエンターテインメントから実質的に投資を受けるかたちの契約であるだけで、LMは誰にも専属契約上の権利を譲渡したことはなく、音盤企画、ファンミーティングやコンサートなどの公演契約、MD事業、各種交渉業務などのマネジメント権利をそのまま保有し、これを誰の関与も受けることなく独自に行使しています。

3.LMは相互合意に向けた努力の一環として、この間、即刻対応を慎んだままカン・ダニエルのさまざまな代理人と数回の協議を進め、カン・ダニエル側の誤解を解いて相互妥協点を導き出そうと持続的に努力しました。しかし、カン・ダニエル側は協議に臨む代理人を数度に渡って変更して立場を何回も翻意し、結局、その間の協議内容を無視したまま無条件に専属契約を解約するとして、仮処分申請を提起しました。

これにLMとしても仮処分申請の内容を慎重に検討し、積極的に法的対応を取るしかない状況です。

4.LMは専属契約期間が開始した段階で、カン・ダニエルがすぐにソロ活動にまい進できるように準備してきましたが、結局、ファンの方々や大衆にこのようなお知らせをすることになり残念に思います。

法的紛争が進行する状況ですが、LMは開かれた心でカン・ダニエルとの信頼回復、円満な合意を導き出し、早急な芸能活動進行のために今後も努力を続けます。ありがとうございます。

2019/03/26 09:51入力





最新記事一覧

スマートフォン版 | PC版へ
会社紹介
Copyright(C) AISE Inc.