トップサービス
ニュース 人気 動画 イベント スター

【個別インタビュー】新生「U-KISS」、キソプ自作曲「FLY」を引っさげて始動!  「5人になってもカッコいいと言われるよう頑張ります」

2017/10/10 19:28入力

<拡大写真>

日本デビュー6年目に突入した「U-KISS」が放つ、約1年ぶりとなる日本14枚目のシングル「FLY」が10月11日(水)にリリース! ことし3月にケビンがグループを卒業し、新生5人組となった「U-KISS」の初のシングルとなる今作は、メンバーのキソプが作詞・作曲・編曲を担当したリード曲「FLY」。そして、2人組音楽ユニットのイトヲカシとして活動中の宮田“レフティ”リョウの作詞・作曲による「Beginning」、女性シンガーものでの作曲アレンジを多数手がけ、スヒョンのソロライブではバンマスを務めたBU-NI作曲アレンジの「Prologue」の新曲3曲が収録され、いままで支えてきてくれたファンへの感謝と、これからの彼らの前向きな想いが見える作品に。

 そんな新生「U-KISS」の第一歩となる今作を引っさげ、5人で新たなスタートを切ったメンバーたち。リリースイベントや、リーダーのスヒョンが、兵役前最後となる可能性が高いと発表されたライブ「U-KISS LIVE EVENT 2017 ~Stay with U~」もスタートさせ、日本での活動を展開している「U-KISS」の4人(ジュンは韓国での活動のため欠席)が、新曲にまつわるエピソードや今後の活動に向けて、率直な思いを語ってくれた。


―まずはキソプさん、9月に爆発事故でケガをされて、たくさんのファンが心配しました。こうしてもう活動されていますが、改めていまのコンディションを教えてください。
キソプ:めっちゃ元気です! ファンの皆さんがたくさん心配し、応援してくれたから、逆に申し訳ない気持ちでいっぱいです。本当はいいニュースで皆さんを喜ばせたかったのに、ケガしたニュースで皆さんを心配させてしまい、めっちゃごめんなさい。でも、いまキソプはめっちゃ元気です! 
フン:良かったね。
キソプ:キソプに会うと、みんなが「腰大丈夫? 」「ケガ大丈夫? 」っていっぱい心配してくれるんですが、もう大丈夫ですから、安心してください! 

―そうですね。キソプさんが元気に戻ってきて、日本での活動が始まりました。いよいよ「FLY」が11日にリリースされます。
一同:フーフー! (拍手しながら盛り上がる)
キソプ:夢が叶いました。

―スヒョンさんがソロライブで発表していたので、ファンも期待値が上がり、発売を楽しみにしていると思います。
スヒョン:発表したとき、反応がすごく良かったじゃないですか。「キソプが作った曲がタイトル曲です! 」って言ったときの反応が。
キソプ:うわ~。
スヒョン:スヒョンが歌うときより反応が良くて(笑)。
フン:すねているんです。
スヒョン:ちょっとだけね(笑)。でもうれしいことです。

―「U-KISS」の曲としては、初めてキソプさんが手掛けた「FLY」がリード曲になりましたね。
キソプ:ファンの皆さんがどう思っているのか、ドキドキしています。そして、心配もあるんですけど、たくさん応援してくれて、反応がすごく良いんで、僕も楽しみにしています。頑張ります! 
スヒョン:初めてキソプの曲を聴いたとき、キソプが作った曲だって知らなかったんです。
イライ:キソプさんの曲だって誰も教えてくれなかったので。5曲ぐらい候補曲があって、その中にキソプさんの曲がありましたけど、キソプさんの曲を聴いたら、他の曲は耳に入らなかったです。だから、“もちろんコレが一番じゃない? ”と。後でキソプさんの曲だと聞いて、ビックリしました。
フン:僕もこの曲いいなと思って、メンバーやスタッフさんに言ったら、“コレはキソプの曲だよ”って。キソプはすごいな、またもう一段階成長したなと思いました。
スヒョン:だから、みんながキソプの曲を気に入って、それをスタッフさんに話して、タイトル曲に決まったんで、僕たちメンバーもすごくうれしいです。今回、ファンの皆さんも、メンバーが作った曲を聴きたいっていう気持ちもあったし、パフォーマンスとかいろんな見どころもあるんで、いま僕たちも楽しく活動しています。

―「FLY」は特にどういう部分が気に入って、タイトル曲になったんですか? 
スヒョン:新しい挑戦をしたかったんで、いままでの「U-KISS」の曲とはジャンルが違うというところですね。
フン:いままでの「U-KISS」とは違う雰囲気だから。
スヒョン:あと、やっぱりパフォーマンス見せたいという気持ちもあったし、個人的にはサビの部分のパフォーマンスがいいなと思っています。
フン:5人になった「U-KISS」が、もっと破壊力のあるパフォーマンスを見せるためには、こういうパワフルな音楽が必要だったんです。だから、キソプの曲が良かったし、早く見せたいと思いました。

―キソプさんは「FLY」をいつ作ったんですか? 
キソプ:6月です。

―どういうことをイメージして作りましたか? 
キソプ:最初は「U-KISS」がやったことのないジャンルということを考えて。そして、5人で初めてのシングルだから、ポジティブな内容の曲がいいなと思って、いままでの活動でつらいこともありましたが、ファンの皆さんがいつも僕たちの隣にいる、ということをちゃんと考えて、一緒にフライしよう、一緒に飛んでいこうって考えながら、この曲が誕生しました。
スヒョン:曲的にはすごくパワフルで、男らしい曲なんですけど、内容は希望に満ちていて、前へ進もうっていう、そのギャップがいいなと思います。

―曲はどれぐらいで完成したんですか? 
キソプ:3日ぐらいで。いつもは曲を作るとき、2週間とかけっこう時間がかかるんです。でも「FLY」は、すぐにアイディアが浮かんだんです。みんなの特徴をちゃんと分かっているから、パートもキソプが考えて、それでちょっと早く出来ました。

―「FLY」は歌い出しがフンさんですけど、パート分けも全てキソプさんが考えて作ったということですね。
キソプ:みんなの声の雰囲気に合わせて、このパートは誰にしようということを考えて作りました。どんどん上がっていく感じで。

―その上がる部分というのが、スヒョンさんのパート「届け届け~」の部分ですね。ファンの書き込みを見ていると、そのスヒョンさんのパートを絶賛する声がけっこうありましたね。
スヒョン:ありがとうございます! キソプが「ここは絶対スヒョン兄貴です」って言って。

―メンバーの皆さんは、本当はこのパートを歌いたかったという部分はなかったんですか? 
スヒョン:(フンを見て)ありますね、フンさん。僕のパート。もっとやりたいパートはあったんじゃないですか? 
フン:なかったですよ(笑)。キソプに任された部分をちゃんとやろうと思っていたから。
スヒョン:でも、変更した部分もちょっとだけあります。レコーディングをしてみたら、ここはほかのメンバーのほうがいいなっていう部分もあって、それをキソプに言ったら、「そうしよう」って。でも、キソプは怖いですよ。厳しい(笑)。
キソプ:こだわりがたくさんあって。レコーディングのとき、「それちょっと違います。こうしてください、お願いします」って。
スヒョン:僕のスタイルがあるのに、「ちょっとそれは違う」って(笑)。
イライ:ラップもですよ。僕も自分のスタイルがあるじゃないですか。それなのに、「もうちょっとこうして」って(笑)。
フン:でも、フンには「お~、フンさん、全部いいよ! 」って。
一同:ハハハ。
スヒョン:フンとキソプはスタイルが似ているんだと思う。あと、フンは上手いから。
フン:そんなことないです! 
スヒョン:あ~、じゃあ、フンには自分のスタイルがないから? ハハハ。
フン:僕には自分のスタイルがないです(笑)。
スヒョン:絶対あるよ! 
フン:いまから探してみます。
スヒョン:俺も探してみるよ(笑)。

―ジュンさんはレコーディングのとき、どうだったんですか? 
スヒョン:ジュンもけっこう、キソプはそんなに言わなかったような。
イライ:デモテープをもらったとき、ラップの仮歌をジュンが歌っていて。
キソプ:それ、僕、僕! 
イライ:えっ! あの仮歌のラップ!? ジュンだと思ってた。ジュンと同じ声だったんで。(キソプに)ラップうまいですね~。
キソプ:後で、また聴いてみて(笑)。
スヒョン:結局、ジュンとフンは早く終わってたから、イライとスヒョンにだけ厳しかったと思います(笑)。
キソプ:でも、みんなめっちゃプロフェッショナルだったんで、レコーディングはけっこう早めに終わりました。
スヒョン・フン:ありがとうございます、先生! 

―PVもフルバージョンが公開され、真っ赤なフェラーリの前でのダンスや、メンバーの皆さんの表情が印象的で、「カッコいい」というファンの反応が多いですが、撮影エピソードを教えてください。
スヒョン:今回のPVは初めてオールロケで撮影をしたんですけど、やっぱり雰囲気がいままでとは違いますね。バックの景色とか、夜景とか。
キソプ:特に、最後「FLY」という文字が浮かび上がって、スヒョンさんが眺めている夜景が。
イライ:ニューヨークとか外国みたいで。
スヒョン:韓国で撮影したんですけどね。すごくキレイな映像で、ビックリしました。そして、メンバーそれぞれの魅力も出ていて。
フン:僕はめっちゃ走りました(笑)。
キソプ:何回ぐらい走ったの? 
フン:たぶん15回ぐらい。しかも全力で。
イライ:それなのに、(仕上がった映像は)スローモーションで。
フン:めっちゃ遅いという。
一同:(大爆笑)

―15回も走ったのはどうしてですか? 
フン:滑りやすい道だったから、少しずつ滑ってしまって。それで何回も走って、15回目に滑らないでちゃんとできたということです。
スヒョン:へぇ~、知らなかった。
イライ:(フンが)一番大変でした。
スヒョン:僕はソロカットを撮るのに、そんなに時間がかからなかったですね。10分、15分で終わったんで。だから、監督さんに「スヒョンの分量、少なくないですか? 」と聞いたら、「そうではなくて、スヒョンが上手いから早く終わったんだよ」って言われて。
フン:その後、10時間待ちました。
スヒョン:ハハハ。10時間待った後、最後にみんなでダンス部分を撮って撮影終了。それで、すぐ日本に来て、ソロライブをしました(笑)。
フン:でも、一番待ち時間が長かったのはイライだね。15時間! 
イライ:朝、一番の撮影だったんで(笑)。待ち時間はゲームをしたり、寝て過ごしました。でも僕も、ソロの撮影は、スローモーションの映像なんですけど、2倍速で撮影したんで、早口でラップをするのが難しかったですね。

―キソプさんはPVもプロデュースをされたんですか? 
キソプ:イメージを監督さんに伝えたりしました。フェラーリは仲の良いお兄さんに借りて。
スヒョン:なんで俺らに頼まなかったの? 
フン:そう、俺の家にもフェラーリがあるのに。
イライ:フェラーリのフィギュアがね(笑)。

―収録曲の「Beginning」は、サビのダンス名をSNSで募集していましたが、決まったんですね。
キソプ:ハイ、「フルートダンス」。
スヒョン:最初そういう予定はなかったんですけど、ライブで披露したら、すごく反応が良かったんで、SNSで募集することになって。最終的に僕の強い意見で「フルートダンス」に決まりました。「フルートダンス」って高級感があるじゃないですか。
キソプ:たしかに、スヒョンさんの言う通り、高級感もあるし、「フルートダンス」が一番いいねって僕らも賛成して、この名前に決まりました。
スヒョン:最初この振付は、マイクをフルートのように見立てて持ち、指は動かさない動きだったんです。でも、それだと何かを食べているような感じがして、ちょっとおかしいってことになって。
イライ:ホットドッグを食べているみたいな。
フン:スイカとか。
イライ:とうもろこしとか。
一同:(大爆笑)
スヒョン:それで、マイクは使わず、指の動きを付ける振付に変わって、カッコよくなりました。

―その「フルートダンス」のレクチャー動画も、メンバー1人ずつSNSで公開していますね。
イライ:スヒョンさんだけ、すごく真剣な表情で踊っています(笑)。
フン:他のメンバーは笑いながら、シャイな気持ちで踊っているんだけど、スヒョンさんだけは、めっちゃカッコいい表情で。根がマジメだから(笑)。いまリリイベをやっているんですけど、ファンの皆さんも一緒に踊ってくれるんで、ステージから客席を見ると、その光景がめっちゃキレイです。
スヒョン:みんなで踊ると本当に楽しく盛り上がりますね。

―そして、もう一つの収録曲「Prologue」は、「何かが終わって何かが始まる」、「踏み出そう次の夢へ」という前向きな歌詞が印象的ですが、歌ってみていかがですか? 
スヒョン:すごく幸せな気分になるし、この曲を聴いているときのファンの皆さんの笑顔もすごくいいです。
イライ:曲が良くて、歌をしっかり聴かせたいから、この曲は振付がないんです。
スヒョン:だから、皆さんの笑顔をちゃんと見ることができて。
フン:そして、この曲はスヒョンさんのライブで、バンマスを務めたBU-NIさんの曲だから、なんか不思議な感じもして。BU-NIさん、大好きです(笑)。
キソプ:ライブではアンコールで歌ったんですけど、雰囲気とめっちゃ合っていて良かったし、スヒョンさんが言った通り、皆さんの笑顔を見ながら歌えて、幸せな気持ちになりました。

―今回の日本活動は、韓国の秋夕(チュソク/中秋)連休と重なりましたが、秋夕らしいことはされたんですか? 
スヒョン:まったくしていないです(笑)。だから今回は、日本に来る前、父のお墓参りをしてきました。
キソプ:僕は家族とビデオ通話をして。
フン:僕もお母さんとビデオ通話をしました。でも、やっぱりスケジュールが多いから、いまは仕事に集中して、終わった後は、メンバーみんなで食べたり飲んだり。ビールも少し飲みましたが、次の日は活動に戻って、頑張っています。
スヒョン:今回はおいしいものを食べたくて、ジンギスカンをいっぱい食べていますね。
キソプ:あ~、ジンギスカンめっちゃ好き! 
キソプ:鶏鍋もみんなで食べに行きました。
イライ:僕はスマホの液晶保護フィルムを買って。
スヒョン:僕はスマホのスタンドを買いました(笑)。

―韓国での活動では、ソロ活動も充実していて、イライさんはバラエティでも活躍していますね。最近では、スペシャル番組でショートトラックに挑戦していましたが。
スヒョン:そういうの、イライにぴったりですね。足腰が強いから。
イライ:2回放送のスペシャル番組だったんですけど、そのために毎日ショートトラックの練習をして。楽しかったんですけど、本当に大変だったんです。
スヒョン:太ももがはちきれそうだったって。
イライ:大会の日、1000mと2500mを走って、すごい大変でした。もう2度としたくないです(笑)。趣味でやるのはいいですけど、大会は無理かなと思います。

―そして、ジュンさんはtvNドラマ「付岩洞復讐者たち」でドラマ初出演。フンさんが、ドラマの先輩としてジュンさんにいろいろとアドバイスをしたそうですね。
フン:ジュンとは映画を撮ったことがあるんですけど、ジュンは演技が上手いと思います。だから、ドラマのオーディションを受けたら、出演できるだろうなとずっと思っていたんですが、それが早く実現して、めっちゃビックリしました。
スヒョン:ジュンの役は方言を使うキャラクターなんですけど、ジュンは方言を使ったことがないから、すごく頑張って練習していたんです。
フン:その方言が上手くて、合格したらしいです。それで、ジュンから、ドラマのオーディションに合格したという電話がきて、いろいろアドバイスをしました。演技的なことじゃなくて、撮られる方法とかタイミングとか、現場の雰囲気とか。
スヒョン:お~、そういうの絶対必要だ。
フン:やっぱり歌手と俳優では、現場での立ち位置が違うというか。イメージ的に、「U-KISS」はアイドルという感じで、アイドルなのに演技ができるのかというイメージを持たれていることもあるから、それを壊すためには、もっと新人の気持ちでやるべきだし、もっと謙遜して、そしていっぱい練習して、本番では集中してNGなしでいったほうがいいと思っているんです。演技のテクニック的なことより、セリフを完璧に覚えて、自分がしっかり準備してきたという意気込みをスタッフさんや共演者に伝えるほうが、僕ら的には最高の方法だと思っているんで、そういう話をジュンに伝えました。

―それから、キソプさんはこれからも曲作りに励んでいくということで。
キソプ:そうですね。引き続き、頑張ります! 
スヒョン:次の曲はタイトル曲になるかどうか分からないけど(笑)。頑張ってほしいです。

―タイトル曲になるかどうかは、スヒョンさん次第なんですか? 
キソプ:ハイ。怖いですから(笑)。
一同:(大爆笑)
スヒョン:でも、キソプは「自分の曲だから、『U-KISS』の曲にしてください」とか絶対に言わないです。実力で認められたいって気持ちが強くて。それが本当にカッコいいですね。

―では、最後に新生5人の「U-KISS」として、活動がスタートしましたので意気込みをお願いします! 
スヒョン:ん……、やっぱり寂しい気持ちはあると思います。僕らもそう感じているし、ファンの皆さんも絶対感じていると思うんですけど、5人を見て、何か足りないなと思わせないように、もっと5人で力を合わせて頑張りたいっていう気持ちが強いです。5人の新しい魅力を見せていくのも楽しみにしているし、ま、やっぱり頑張るしかない、っていう気持ちでいっぱいですね。
フン:本当にそうだと思います。「U-KISS」全員が不安な気持ちだったんですけど、5人だから何か足りないじゃなくて、5人になってもカッコいい、ということを言われたくて、僕ら全員が本当に頑張って、今回のライブは何倍も努力をして準備したんですけど、努力は裏切らないということを感じました。ファンの皆さんもすごく応援してくれるし、その皆さんからの愛をいっぱい感じて、僕らこれから何百年もいけそうです(笑)。


 この日のインタビューは4人ではあったが、いつも通り仲の良い、わちゃわちゃとしたほほ笑ましいやり取りで、現場を明るい雰囲気にしていた「U-KISS」のメンバーたち。動画メッセージではスヒョンとキソプが生歌を、イライが生ラップを披露してくれたり、チェキのサインには、フンがいま勉強しているという漢字で、メッセージを書いてくれたりと、それぞれがサービス精神旺盛な姿で、インタビュー取材に応じてくれた。

 「とにかく頑張るしかない」と力を込めていた彼らのニューシングル「FLY」は、5人の新たな魅力がたっぷり詰まった意欲作に仕上がっている。

最新記事一覧

U-KISSの関連動画一覧

スマートフォン版 | PC版へ
会社紹介
Copyright(C) AISE Inc.