【イベントレポ】「D-CRUNCH」 、K-POP新人発掘・支援オーディション「DREAM STAR AUDITION」でグランプリに!

K-POP新人アーティストを発掘し、支援するためのオーディション「DREAM STAR AUDITION 2019 in JAPAN」の最終審査が3月16日(土)千葉・舞浜アンフィシアターにて開催。

 100組を超える新人アーティストの中から、最終審査まで残った8組のアーティストが、活動費1億円の支援、日本デビュー&日本での冠番組が決定するグランプリを目指し、渾身のパフォーマンスを披露。栄えあるグランプリには、「MAP6」らが所属するALL-S COMPANY の9人組ヒップホップアイドルグループ「D-CRUNCH」が輝き、幕を閉じた。

 この日のオープニングは、最終審査に挑んだ8組の出演者が、中央の円形ステージからせり上がって登場するという華やかな演出。「Apeace」のウォンシクとヨンウクがMCとして登場し、ウォンシクはもし1億円を獲得したら、ファンとディズニーランドに行きたいという願望を話しながら、場を和ませ、軽快に進行していった。

 最終審査は、9人の審査員投票(1人200点)と有料チケット来場者投票(1人1点)の合計で決定されるため、客席へしっかりアピールするアーティストたち。

 トップバッターのバラード歌手Yeimは、透明感のある歌声で韓国デビュー曲「道の先」、2ndシングル「先に言って」などを歌唱。兵庫県宝塚市で生まれ育ったという彼女は流暢な日本語で自己紹介をしながら、「心に響くバラード曲を歌っているので、何か感じるものがあったら1票をお願いします」と呼び掛けた。

 続く2組目のステージも、韓国のオーティション番組「ファントムシンガー」で初登場したソロ歌手のオ・セウン(OH SEH WOONG)。

 「日本には初めて来たので、ドキドキしています。昨日の夜は皆さんに会えると思うと楽しみで、眠れませんでした。いい姿をお見せしたいです」と意気込み、人気バラエティ「ヒョリの民泊」シーズン1のOST「君しか見えない」、新曲「あの夜」などを披露。客席に、スマホのライトを点灯するよう促し、幻想的な雰囲気を作り上げた。

 3組目は、「K-POPスター」準優勝出身のメインボーカル、キム・ヘリンとラッパー、スンジ、振付師チャンミで構成された3人組ガールズグループ「LimeSoda」。元気ハツラツとしたキュートさで、デビュー曲「ZZZ」のほか、「E-girls」、「KARA」、「AKB48」のカバー曲を披露して会場を盛り上げ、「『KARA』先輩のように愛されるグループになりたいです」と抱負を語った。

 4組目は、登場するや、歓声が一段と大きくなった「IMFACT」。白のジャケットに黒のパンツというシックな装いで、「The Light」、「Tension Up」などを披露。ファンの掛け声や大歓声に包まれながら、迫力のあるパワフルなステージを繰り広げ、曲中に羽織っていたジャケットを脱ぐほどの熱いパフォーマンスで客席を魅了し、MCのヨンウクが「一緒にジャンプしたいくらいでした」と感想をもらすほどの盛り上がりを見せた。

 5組目の「AWEEK」は、白シャツにジーパンという爽やかルックで登場。
「PRODUCE 101」シーズン2に出演し、独特なキャラで話題となったヨンジンをはじめ、個性豊かなメンバーたちは、新曲「THE MORE I SEE(見れば見るほど)」や、嵐のカバー曲を披露しながら、愛嬌たっぷりな姿やキュートさも見せつつ、元気いっぱいなステージングで客席を笑顔にした。

 6組目は、日本で200回以上の公演を終え、韓国で2月にデビューしたばかりの5人組ボーイズグループ「VANNER」。メンバーたちが作詞、作曲、振付を手掛ける“創作ドル”で、エネルギッシュなステージを展開。

 豊富なステージ経験を生かし、ノリノリな自己紹介で客席の心をつかむと、デビュー曲「Better Do Better」ではサビの部分を一緒に歌ってほしいと、客席にレクチャーしながら、コミュニケーションを図り、会場の一体感を高めた。

 7組目の登場したのは、2018年8月にデビューした9人組ヒップホップアイドルグループ「D-CRUNCH」。“DIAMOND-CRUNCH”の略語で、地球上で最も硬いダイアモンドをぶち壊せるくらいの強力なパフォーマンスと音楽的波及力を持つチームという意味が込められたグループ名の通り、1stミニアルバムのタイトル曲「STEALER」や「I‘m OK」でアグレッシブなパフォーマンスを披露。

 なんと6人がラッパーで3人がボーカルという珍しい構成だが、息ぴったりにキレキレのシンクロダンスでステージを圧倒し、観客の目をくぎ付けに。中でも、K-POPメドレーで「EXO」や「BTS(防弾少年団)」のカバー曲のみならず、「TWICE」のカバー曲までキュートにパフォーマンスする多才ぶりも発揮し、観客を楽しませた。

 最後を飾ったのは、Mnetのオーディション番組「少年24」で結成され、2017年10月に韓国デビューした「IN2IT」。

 真っ白なスーツの王子様ルックで登場し、400回の舞台経験でしっかりと培った、洗練された多様なパフォーマンスを披露。“瞬く星になりたい”という気持ちを込めたファンに捧げる曲「STARLIGHT」や、「みんなで笑える日を夢見て歌います」と曲紹介をして「Tomorrow」などのステージを見せたが、メンバーたちが客席に降りて、会場をくまなく回りながら、ファンサービスも。笑顔で手を降るメンバーたちは、間近で触れ合ったファンたちを熱狂させた。

 各組のパフォーマンスが終わるたびに、出演者にステージを終えた感想や、今後の活動計画などをインタビューし、通訳も兼ねながらスムーズな進行を見せたウォンシクとヨンウク。

 集計を待つ間、そんな2人を加えた「Apeace」が9人そろってステージに登場するや、ファンはペンライトを持って立ち上がり、会場はあっという間に「Apeace」ワールドに。「VEIL」、「Ur my life」、「Never Ever End」で圧巻のパフォーマンスを披露した。

 さらに、芸達者なメンバーが集まっている「Apeace」なだけに、魅力アピールとばかりに、シヒョクが可愛いダンス、ジヌがカッコいいラップ、J.Dが演歌をアドリブで披露するなど、場馴れしたトーク回しで会場を沸かせた。

 そして、「Apeace」の熱いパフォーマンスが終わった後は、8組の出演者がステージに勢ぞろいし、いよいよグランプリの発表! 
ドラムロール音が流れ、ヨンウクから「グランプリはD-CRUNCHさんです! 」と名前を呼ばれた「D-CRUNCH」は、それぞれが信じられないといった表情や、うれしそうな表情を浮かべ、喜びを爆発させた。

 「この震える気持ちをどう表現していいか分かりませんが、ゆっくり話していきます」と話し始めると、「まずは僕たちを『D-CRUNCH』にしてくれた(所属事務所)代表に、感謝の気持ちを伝えたいです」と言い、周りで支えてくれている事務所のスタッフにも感謝。続けて、「僕たちを生んで、信じてくれている両親にも感謝しています」とし、「最後に、僕たちのそばにいつもいてくれて、僕たちを『D-CRUNCH』にしてくれた『DIANA』(=「D-CRUNCH」のファン)、未熟な僕たちですが、もっと前に進み、頑張って引っ張っていくので、見守ってくれたらうれしいです」とファンに感謝。さらに、「この場にいらっしゃるたくさんの方と、このオーディションを主催してくださった方々に感謝します。すごくうれしいです。これからもたくさんの方に、ステキな姿をお見せしていきたいと思います」とグランプリ受賞の喜びを表現。グランプリの盾を授与され、感無量といった感じのメンバーたちだった。

 そして、最後は出演者全員での記念撮影。客席から撮影ができるフォトタイムで、出演者は客席を向いて、さまざまなポーズをとり、応援してくれたファンに感謝した。

 最後までステージに残った「D-CRUNCH」は改めて、「日本に初めて来たんですが、たくさん応援してくださり、グランプリまでくださったので、身に余る思いです。まだ荒削りですが、ファンの皆さんの応援を受けながら、頑張って着実に成長していきますので、見守り、期待していただけたら本当にありがたいです」と力強く語り、メンバー全員であいさつをして、今回のオーディションを締めくくった。

 なお、会場での来場者投票1位は「IMFACT」だったが、9人の審査員投票では「D-CRUNCH」が1位となり、「D-CRUNCH」がグランプリの栄誉を手にすることになった。ヒップホップをベースにした多様なカラーの曲や、メンバーたちの魅力が詰まったパフォーマンスで、次世代K-POPスターとして期待を集めている「D-CRUNCH」が、これを機に今後どのような活躍を見せるのか楽しみだ。

2019/03/18 19:08入力

最新記事一覧

スマートフォン版 | PC版へ
会社紹介
Copyright(C) AISE Inc.